生徒指導・進路指導の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数184
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    不登校の児童が自分のクラスにいた場合、どのような点に注意して指導するのか、その背景となる倫理と具体的な指導方法を述べよ。
    不登校
     不登校児童・生徒数はここ10年間で倍増している。このように児童・生徒の「学校ばなれ」現象がますます深刻な問題となっている背景には、欠席はしないが登校回避感情を持つ「グレイゾーン」の児童・生徒の存在が大きい。子どもたちは、日常の些細な葛藤や不満感をきっかけとし、登校を「拒否」するかたちで学校から「退行」していくのである。そのため、不登校は「どの子供にも起こりうる」のである。
     不登校現象の背景にあるものとして、以下の2点が挙げられる。
    現代の子どもたちは、家庭の中で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。