美と価値

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数186
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    女性課題生命地球展示自分成長解釈

    代表キーワード

    美と価値

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    美と価値
    菊池 豪洋  3年  10703458
    課題1)遠藤利克展「供犠と空洞」について、下記の3つの点から記述せよ。
    1、展覧会全体像についての客観的な説明
     作品は全部で8つあり、並び方は弧を描くように並んでいる。しかし、1つの作品(主題<無題>)のみは、7つの作品とは別の部屋にある。この<無題>は、高さも幅も同じ壺みたいなものが24本ありその中には水が満たされている。また、2つ目の<鏡像段階説2008>は、アクリルボードで囲まれた中に作品があり、人の肘から指の先にかけての部分が置かれている。手には細部までがあり、指の爪などがあった。3つ目の<鏡像段階説2009・馬>は、鏡が2つあり、1つは床の上に置かれていて、その鏡の上に生の馬の頭の骨があり、もう1つは床に垂直に置いてあってその馬の骨を映すようにある。素材は主に木が使われており、大きさはそれぞれ異なっている。4つ目の<空洞説―木の船>は、長さ11メートルに深さ、幅30センチくらいのものである。5つ目の<空洞説―木の壷 2009-Ⅱ>は高さ210センチあるもので、これは3段で成り立っているようである。下の段はうろこのような模様を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。