異文化の理解

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,551
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    異文化研究においての重要性
    序論
     このレポートでは、グローバル化が進展している今日においての異文化研究や、異文化理解を示します。また目的や方法、実際の進め方、留意点、また求められる姿勢と視点についてその事柄を示し、論じます。
     本論では「グローバル化」のなかの異文化理解について、異文化研究とフィールドワークの具体的事例を示し、議論、主張します。
    本論
     まず、文化とは社会の成員によって習得(後天的獲得)、共有され(社会的共有)、統合された生活様式の全体(統合的全体)であり、自分が属している文化を自文化、自分が属していないものを他文化という。この他文化の知識をただ単に増やすことが異文化理解ではなく、理解というレベルに至るには諸知識の系統だったまとまりが求められ、目に見えない無意識の前提、隠れた文化(文化の構造)に気づくことが異文化理解の鍵である。
     グローバル化によって世界の共通性の促進、普遍化への動きになった。これによって文化の違いを超えて全世界での協調体制を確立しないといけないという必要性が出てきた。そして世界の様々な文化は共通項を持つようになり、お互いの固有な独自の文化が相対的に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。