人間の文化(期末)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数349
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    序論
     このレポートでは、スリランカおよびインドの女性が、グローバル経済体制下で働き続けながら、力をつけ、ジェンダー関係をどのように変化させてきたかを示します。また、このレポートでは、スリランカの農村とスリランカの海村の例を取り上げ、南アジアの「ジェンダー(社会的に規定された両性間関係)開発」や「エンパワーメント(労働を通して経済力や自信をつけていく現象)」についてもその事柄を示し、具体的事例も踏まえて論じます。
     本論では南アジアの農村に住んでいる女性が、ジェンダー関係を変化させた背景や具体的事例を示し、議論、主張します。
    本論
     スリランカの就学率に関しては男女間の格差はなく、成人女性識字率も高いです。また、選挙に関しても男女の投票率はほぼ同じで、性別や出生順に関わらず全ての子供が両親の財産を相続すること権利を有することが原則となっています。また、女性就業年齢人口の1割が海外就労女性であり、その海外就労女性の7割弱が24-44歳と若い人達です。その中でも3分の2が既婚者で国内に残る家族に送金しています。送金されたお金の管理や使い道、男性家族の家事負担の在り方はさまざまであるのが現状..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。