西洋の哲学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数577
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    序論
    このレポートでは、西洋哲学を中心に哲学と社会のかかわり、互いに与えあっている影響を述べます。いつの時代も互いに影響し合っている出来事があり、それを通して哲学と社会の関係性を見出していくとともに、私が感じたことを示します。
     また、本論では近代から現代のニーチェ哲学とハイデガー哲学の思想を中心に展開していきます。
    本論
     まず、ニーチェ哲学の思想とは、現代思想の最大の源流の思想であり、ポスト・モダニズムに代表されます。彼は「神は死んだ」と称してキリスト教の批判をしました。当時の主流を成していたキリスト教を構成する考えに対応した回答を出していて、「ルサンチマン思想」を批判し、「反ヨーロッパ形而上学」的立場をとりました。ルサンチマン思想とは、物質や心理的なさまざまな場面においての妬みや嫉み、嫉妬などの怨念であります。すなわち、苦悩というそれ自体が人間存在への罰であったという説教ということを述べています。
     また、苦悩と矛盾の意識の反動として本当はかくあるべきだという出発点をとるような一切の思考方法、第二に、博愛や絶対平等、ユートピアをその基礎にするような一切の思考方法、第三に、絶対的な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。