麻枯イラスト

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数240
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    後漢の時代(後2世紀ごろ)のお話
    蔡経という平民ながら見込まれて仙人になった男がいる。
    この男の実家(人間界)に、
    いわばお師匠さんであるところの仙人・王遠がたずねてくる。
    年期の入った仙人だからその訪ね方も派手派手しい
    到着の前には鳴り物や人馬の音がしたのに姿が見えず、
    到着した王遠の姿は、というと

    きらびやかな衣装を見にまとい、
    羽の生えた車に乗り、
    その車は5色の竜が曳く。

    それはそれは美しい女性で、
    年のころなら人間界でいうところの18,9才ぐらい。
    頭のてっぺんを曲げに結って、
    残りの髪は腰まで垂らしている。
    着ている服には模様があって、金襴ではないが、
    その衣装が放つ光に目を奪われ
    その美しさは形容ができない。
    しかも麻姑はその指のつめが鳥のようだったのである。

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。