こどもの貧困

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数497
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会保障政策
     子どもの貧困
    1. 貧困世帯に育つということ
     *貧困であることの問題点
    ①学力:親が高学歴⇒子どもの学力も高い
         →PISA調査において、両親の職業を4段階(上・中の上・中の下・下)に区分
      
    図1-1
     ➡「上」のグループ=私立の受験校に通う子どもが多いと予想され、それに伴い学力が高いと予想される。
     ⇔「中の下」と「下」については同じ公立学校に通っていると推測できるが、その格差  
      は「上」と「中の上」と同等のものである。
     ∴同じ公立学校の内部においても、親の収入の格差=子どもの学力の格差である
      
    ②子育て:Q1「休日に子どもと十分に遊んでいる」
         Q2「子どものことでの相談相手が家族の中にいない」
        Q3「病気や事故などの際、子どもの面倒を見てくれる人がいない」        
    図1-2
    ➡「温かい家庭を築く」のを目的にしても、低所得者はゆとりがない可能性がある
     ∴低所得の世帯=子育てに困難を抱える親が偏っていると推測できる
       
    ③健康:貧困→国民健康保険料の滞納→保険証の取り上げ→一時的に全額負担
           →医療費..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。