未遂犯(事例)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数298
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    未遂犯
    Xは、不仲の夫Aを自動車事故に見せかけて殺害し、生命保険金をだまし取ろうと考えた。Xから殺害の依頼を受けたYは、わざと追突事故を起こしてAを自動車に誘い込み、クロロホルムを嗅がせて失神させたAを、自動車と一緒に水中に落として溺死させる計画を立てた。犯行当日、Yと仲間のZらは、多量のクロロホルムを染み込ませたタオルでAの鼻口部を塞いで吸引させ、Aを昏倒させた後、A自身の自動車に運び入れて、岸壁から海中に転落させた。しかし、Aの死因が溺死であるか、クロロホルムの過剰摂取によるショック死であるかは、その後の裁判でも特定できなかった。X・Y・Zらの罪責を論ぜよ。
    本問における問題の所在は、Aの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。