第6回:無価値論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数182
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    刑法倫理社会道徳問題人間犯罪現代違法性権利

    代表キーワード

    刑法無価値論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                              
    第6回 レポート課題  「結果的無価値論と行為的無価値論」
     現代法律学における、結果的無価値論というものは、行為の結果として、刑法が保護
    している生活利益の侵害等が生じた際において、刑法の発動があるとするというもので
    ある。ここで、結果というものは、客観的なものであるから、この考え方は客観主義的
    違法論といえる。この立場の一番の利点は、違法性が誰の目からも明確に理解できる。
    という点であろう。一方、行為的無価値論というものは、行為そのものが、それを行う
    ことにより、法規範・社会倫理規範に反し、違法性が生じるという場合において、刑法
    の発動..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。