第2回:Xの罪責

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数244
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                         
      第2回  レポート課題   「Xの罪責について」
    ケース
     XはAと共謀し、保険金を詐取するために偽装事故を起こした。Xは自車を
    Aの運転する自動車に衝突させ、Aに軽傷を負った。そして、その事故の後、
    偶然起きた2つ目の事故により、Aは死亡した。このときXが問われる罪は、
    どのようなものか。
     まず、この事件におけるXの罪の所在であるが、ここでは、①Xが偽装事故において
    Aに軽傷を負わせた。②その後の偶発的な事故によって、Aが死亡した。という2点に
    絞る。今回は、②については、①における判断により決まるとして、①においてXが罪
    となるか、否かの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。