第20回:違法性の錯誤

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数832
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    情報法律錯誤違法性自己理由故意解釈判決

    代表キーワード

    法律

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                      
    第20回  レポート課題   「違法性の錯誤」
     違法性の錯誤とは、行為者が法律上許されないことをしているにも関わらず、自身では、その行為が法に触れないと思っていることを指す。すなわち、犯罪事実は正確に認識しているのだが、自己の行為は違法ではないと誤信した場合である。
     この錯誤に陥る原因として、2点挙げることができる。①法律の存在を知らないで自己の行為が法律上許されると誤信する「法の不知」②刑罰法規の存在は知っているが、その解釈を間違え、自己の行為が法律上許されると誤信する「あてはめの錯誤」である。
     ここで、②のあてはめの錯誤には、“相当の理由”がある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。