第16回正当防衛

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数192
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    正当防衛傷害自己傷害罪故意

    代表キーワード

    正当防衛

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                         
    第16回   レポート課題     「正当防衛」
    ケース
     Aは、通学の途中、乗車客の行き交う駅構内で衝突したことから、初対面のBと言い争いになった。しかし、学校へ急いでいたため、Bの容貌を侮辱する捨て台詞を残して立ち去ろうとしたところ、これに激昂したBが、Aの腕をつかんで引き留めた。そこで、Aが持っていたテニスラケットのケースを振り回したところ、Bの腕に当たり、Bは腕を骨折した。Aは傷害罪の罪責を負うか。
     このケースにおいて、Aが、傷害罪を負うか否かということは、AのBに傷害を与えたという行為に、正当防衛が認められるかどうかということに拠る。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。