第14回:結果過失犯

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数254
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験電気医療看護安全事故意義調査原因行動

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                        
    第14回  レポート課題  「結果過失犯」
    ケース
     H大学医学部付属病院では、医師Aらが、麻酔医や看護師とともにチームを組んでいわゆるチーム医療として、患者Xの手術を行った。執刀医であるAは、電気メスを用いて手術を行うため、Xの脚に電極版を取り付けたが、その際、チームの一員である看護師Bがプラスとマイナスの電極を誤接続したために、電気メスではなく、Xの脚に付けた電極が熱をもち、その結果、重度の火傷を生じ下腿切断せざるをえなくなった。当時このような事件は前例がなく、その後の専門的調査・実験の結果、熱傷はプラグの誤接続のみからは生じず、安全装置のない心電..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。