過失犯(事例)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数245
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    判例問題自動車過失義務意義構成要件死亡学説

    代表キーワード

    過失犯

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    過失
    Xは、助手席にAを同乗させ、普通貨物自動車(軽四輪)で最高速度が時速30キロメートルに指定されている道路を、時速約65キロメートルの高速度で運転していた。運転中、Xは、急に対向してきた車両を認めて狼狽し左に急ハンドルを切ったところ、道路左側のガードレールに衝突しそうになり、さらにあわてて右に急ハンドルを切った。そのためXの自動車は、走行の自由を失って暴走し、道路左側に設置してあった信号柱に自車左側後部荷台が激突した衝撃でようやく停止した。その衝撃により、助手席に同乗していたAは、全治2週間の傷害を負い、さらに後部荷台に同乗していたBおよびCの両名が死亡した。後部荷台に同乗していたBおよび..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。