睡眠障害 ストレスとストレッサー 食事とエネルギー 運動の悪影響 生活習慣病と糖尿病

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数857
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    睡眠障害
    1.睡眠障害の種類
    「①不眠症 ②睡眠関連呼吸障害 ③中枢性過眠症 ④概日リズム睡眠障害 ⑤睡眠時随伴症(パラソムニア) ⑥睡眠関連運動障害 など」(週刊東洋経済 2009.5.2-9 49p)
    の症状が上げられる。
    2.睡眠障害の対処法
    1であげた④は交代勤務や時差ボケなどが原因なる。それに対する対処法はいくつかある。
    交代勤務=(交) 時差ボケ=(時)
    薬物療法(交)(時)
    睡眠薬にはいくつか種類があり、作用時間が各々ことなる。一般に長時間作用型、中時間作用型、短時間作用型、超短時間作用型と分類される。交代勤務の不眠の場合には、覚醒時の眠気をもたらさないため作用時間の短い睡眠薬を使用するのがよい。そのような睡眠薬は蓄積した睡眠不足の解消を通して日常生活をより良いものにする効果がある。
    高照度光の利用(交)(時)
     「2500ルクス以上の高照度光は、朝方(午前5時~午前8時)に浴びると生体リズムを前進させる働きがある。夜勤明け時の後退した体のリズムを前進させるため、すぐに眠らないで太陽光を浴びるか、人工的な照度光を利用する。夕方(午前4時~午前7時)に光を浴びると、体のリズ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。