観光事業論 分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数289
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境経済情報宗教企業社会産業文化地域

    代表キーワード

    観光事業論宗教

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    観光事業論 分冊1
    サービス産業としての観光産業の特徴を、その目的や役割を考慮して述べなさい
     産業とは、人間が生活するうえで必要なモノを生産・流通・販売し、またサービスや使用価値を提供し、さらに付加価値を創造し提供することによって、人間の生活水準を高め、より豊かな生活を実現する為の国家的・社会的・経済的活動などから成る統合活動であり、加えて、人類の存続と繁栄、人類の相互理解、人類の平和と安定、および人類の営みと地球の生態系との共生および調和を保つための全人類的諸活動である。
     産業には使命があり、その最大の使命は、利益の追求という経済的責任を果たすことを優先するよりは、社会的、国家的、地球規模的、および人類的責任を果たし、また貢献すること、例えば文化、福祉、環境(自然・生態系)保全、教育、宗教、政治・法律、技術および国際協調などに貢献することである。従って、産業活動を展開する主体は、国家(政府)、地方自治体、公益・公営企業、第三セクター、民間企業、特定非営利法人(NPO)などである。こうした産業は、従来、経済や社会の発展段階に従って、次のようにいくつかに分類することができる。① 第一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。