ウイルソン大統領が提唱した (西洋政治史 分冊2)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数619
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ウィルソン大統領が提唱した「14か条」提案について考察しなさい
     第一次世界大戦末期の1918年1月8日、アメリカ合衆国大統領ウッドロー・ウィルソンは、第一次世界大戦後の世界平和実現に向けての構想、いわゆる「14か条」演説を発表した。これは、パリ講和会議の基本原則となった。その提案について詳しく見てみよう。
     第一次世界大戦の勃発に際して、アメリカ合衆国は中立を宣言したが、大統領ウイルソンは中立国としての合衆国が講和を斡旋し、これを通じて権力政治を廃した自由主義的な新しい国際秩序を樹立することをめざした。彼は腹心のハウスをイギリス、フランス、ドイツに派遣して和平工作を行わせ、国際連盟設立を提唱し、直接交戦国に講和会議開催を呼びかけ、また1917年1月 “勝利なき平和“を訴えた。合衆国の参戦(1917年4月)後も、自由主義的な講和を連合国の戦争目的たらしめることを望んだが、折しもロシア十一月革命がおこり、ソヴィエト政権が交戦国人民に帝国主義的な現政権を打倒して平和を回復するよう訴えると共に、ドイツと単独講和交渉に入る自体が生じた。ここにウイルソンは彼の構想する戦争目的に連合国を結集させ、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。