フランス革命の経緯を考察しなさい (西洋政治史 分冊1)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,358
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    フランス革命の経緯を考察しなさい。
    フランス革命は3つの時期に区分して考えることができる。
    第一期(1787年7月~1792年8月10日)は絶対王政に対する不満を爆発させた諸勢力が登場し、絶対王政を打倒して立憲君主制を実現した時期である。
    第二期(1792年8月10日~1794年7月27日)は革命が最も高揚した時期であり、王政そのものが打倒されて第一共和制に移行した。この第二期はさらに、前期と後期に区分され、後期には山岳派による恐怖政治が展開された。
    第三期(1794年7月27日~1799年11月9日)は革命の行き過ぎを是正する時期であり、ブルジョア的自由主義が復活した。そしてまた山岳派・王党派という二つの敵との戦いを余儀なくされた総裁政府がナポレオンの提供する軍事力への依存を強め、革命の終焉に向かうじきでもあった。
     これらの三期にわたるフランス革命の経緯について詳しく見てみよう。
    革命第一期では、当初国王が革命の流れを阻止しようと企てたが、1789年7月14日のバスティーユ襲撃、同年10月5日のヴェルサイユ行進に見られる民衆の力がそれを打ち破った。こうした民衆や農民の蜂起の成果は、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。