日露戦争の原因とその国際情勢および日本への影響 (外交史 分冊1)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,238
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日露戦争の原因とその国際情勢および日本への影響
    日露戦争は、1904年から1905年にかけて大日本帝国とロシア帝国が、朝鮮半島と満州(現在の中国東北部)を主戦場として戦った領土獲得戦争である。
    この当時の世界は、{帝国主義の時代}で、軍隊や経済の力で他国や異文明を破壊し、植民地支配することがごく当たり前のように行われていた。(力こそがすべて)
    そして、もっとも残酷に帝国主義を推進していたのが、白色人種のヨーロッパだった。
    日本は、19世紀終盤頃まで260年もの間、鎖国していたこともあり、帝国主義の魔の手から逃れていたのだが、アメリカやロシアが強大な武力を背景にして開国を迫ると、安住していられなくなった。
    そして開国した日本に待っていたのは究極の選択であり、白人の植民地になるか、又は黄色人種初の帝国主義国家に生まれ変わるかであった。そして、日本が選んだのは後者の方であり、その過程で日清戦争と日露戦争が起きたのである。
    日清戦争も日露戦争も「朝鮮半島の帰属問題」が重要な焦点だったが、日清戦争で日本が勝利し、朝鮮半島が日本の保護領になったことから、ロシア、ドイツ、フランスが日本政府にねじ込ん..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。