行動論的アプローチ (政治学原論 分冊1)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数757
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行動論的アプローチが登場する前の、伝統的アプローチと呼ばれる代表的なものに、法学的アプローチと制度論的アプローチがある。前者は法律と政治の関連性を重視し、政治学は国家の法律制度や憲法の研究であるとされるものである。すなわち国家を性格づけているものは、その国の憲法や諸法律制度であり、国家を研究する政治学はその手段として憲法や諸法律制度を研究することが主要任務とされてきた。後者は国家の統治制度の研究に焦点があてられ、議会や政党政治、あるいは権力分立制度や選挙制度の実態とその運用について正確な記述を行うことが目的とされた。
    その両方に対して、批判的ないし反対的な志向性をもつすべての政治学を集約したものが「行動論的アプローチ」ということができ、その特徴は次の四点に見出すことが指摘されている。
    研究の基本的単位として政治制度をしりぞけ、政治的状況のなかでの個々人の行動を分析の基本単位とする。
    社会科学を行動科学としてとらえ、このように定義された社会科学と政治学の統一性を強調する。
    データーの観察、分類、測定のためのより精密な技術の利用と開発を主張し、可能な限りの統計的あるいは計量的定式化の使用を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。