官僚制の病理と逆機能について (行政学 分冊1)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,582
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    官僚制の病理と逆機能について論ぜよ
     官僚制とは本来合理的な組織や構造であり、近代において官僚制が発達したことによって国家の統治構造や行政機能が発展し、国家を支える役割を十分に担うことが可能であった。しかしそういった望ましい方向とは逆に官僚組織や官僚機構などの具体的な態様、あるいはそれらを取り囲む状況いかんによってはマイナス方向に機能することもある。
    私達が官僚制という言葉に想像するものは必ずしもプラスよりもマイナスのほうが多く、政治勢力を形成して権力化したり、非能率的な業務体系を構成しているというイメージが展開している。
     近代の官僚組織は合理主義という建前に従っているべきであるが、管理の様式ないし管理組織の原理による逆機能は、能率の向上と実現に貢献する機能的な過程ばかりでなく、集団目標以外の価値のあるもの、たとえば人間性などを権柄づくで損なう。
    アメリカの社会学者である、ロバート・キング・マートンは、官僚制には深刻な機能障害(逆機能)も有るとして、その非合理的な側面を指摘している。ここでいう官僚制の逆機能とは、通常批判的な意味をこめて「官僚主義」と称されるような行動様式をさす。これ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。