社会福祉方法論4 A判定

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数289
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉調査の基本的性格と調査の種類について論述せよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉調査の基本的性格と調査の種類について論述せよ
     社会福祉調査は、社会福祉援助を合理的かつ効果的に進めていくために必要となる情報を、その背後に潜む社会経済的要因との関連を視野におきつつ、主に現地調査による科学的な方法を用いて客観的に収集・分析する技術である。
     社会経済的要因との関連を視野におくということは、個人や家族が直面する福祉問題が、個人の意志や努力を超える社会経済的脈絡をもっているのではないかという問題意識のもとで仮説を考え調査によって検証しようとする視点を大切にするという意味である。
     社会福祉調査は社会調査の一応用分野であり、基本的な調査理論や技術は社会調査に依拠している。社会福祉調査をするためには、まず社会調査の基本的性格の理解が必要になる。
     社会調査は、分類の仕方により種々タイプに分けることができるが、何のために調査するかという点から分類すると、基礎資料的接近型、問題解決的接近型、理論構成的接近型の三つに大別することができる。
    基礎資料的接近型の調査は、調査しようとする領域や課題に関する実態や意識について、基礎的な資料を収集することから始まる。最低限なくてはなら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。