心理学

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数351
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    古典的条件づけとオペラント条件づけについて相違点がわかるようにまとめなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    古典的条件づけとオペラント条件づけについて、相違点がわかるようにまとめなさい。
     行動分析とは、バラス・スキナーが新行動主義心理学をさらに改革し、新たに起こした徹底的行動主義心理学に基づく心理学の一体系である。歴史的には、フロイトやユングらの精神分析学に対抗する形で発展してきた。
     行動分析学とは字義通り人間または動物などの行動を分析する学問である。
    具体的には、独立変数(環境)を操作することによって、従属変数(行動)がどれほど変化したかを記述することによって、行動の「原理」や「法則」を導き出す。これを実験的行動分析という。
    これにより、行動の「予測」「制御」が可能になる。その成果は、人間や動物のさまざまな問題行動の解決に応用されている。これを応用行動分析とよぶ。
     行動分析学の基本的な「原理」は、レスポンデント条件づけ(古典的条件づけ)とオペラント条件づけの二つにある。
     古典的条件づけは学習の一形態であり、刺激の対呈示によって刺激間に連合が起こり反応が変容することである。レスポンデント条件づけ、パブロフ型条件づけともよばれる。イワン・パブロフの条件反射研究がもとになった理論である。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。