幾何学概論第1設題

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数276
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    2011年度以降の幾何学概論第1設題です。A評価です。
    幾何学は解析学などと比べ難しいかもしれません。ぜひ勉強に役立ててください。
    今だけこの金額です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.を集合から集合への写像、を集合から集合への写像とする。つぎのことがらを証明せよ。
    (1) およびが単射ならばとの合成も単射である。
    (2) およびが全射ならばとの合成も全射である。
    (3) でならば、である。
    2.つぎの問いに答えよ。
    (1)命題について、を証明せよ。
    (2)集合とその部分集合について、
     となることを、上の(1)を使って証明せよ。
     また、図を使って説明せよ。
    3.集合から集合について、からへの全射が存在するとき、であることを証明せよ。
    4.の無限列全体の集合をとする。すなわち
     集合族とおくとき
     とする。
    テキストの「実数の集合の濃度」の個所を参考にして(カントールの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。