Bioavailability of a drugとArea under the concentrationと薬理作用機序について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数186
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    薬理作用機序

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <Bioavailability of a drugとArea under the concentrationについて>
    Bioavailability of a drug:薬の生物学的利用能のこと。ある経路(例えば経口投与)から薬物を投入した時の血漿中濃度と静脈内注射した時、すなわち薬物の全量が急速に体循環に入った時の血漿中濃度とを比較することにより求められる。
                生物学的利用能=全身循環に到達した薬物量/投与された薬物量
                <例>
                静脈内投与された薬物は直接全身循環に注入される。つまり、投与量と全身循環に達した薬物量が等し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。