薬物投与方法の利点と欠点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数713
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <薬物投与方法の利点と欠点>
    経口投与:使用薬物の約80%は経口投与され、その薬物は消化管から吸収される。
    ・利点:安全、簡便でかつ経済的である。
        用量、剤型を比較的自由に選択できる。
        作用の持続性を期待できる。
    ・欠点:患者の協力が必要。
        吐気、嘔吐がある時は使用できない。
        消化酵素により分解される。
    直腸投与:直腸からの吸収の50%の門脈系を介さず直接血行中に薬が入る。
    ・利点:肝臓を経由せずに全身血流に薬が吸収されるので、血中濃度の上昇が早い。
        肝初回通過効果を免れることができる。
        意識障害、嘔吐があっても投与可能である。
    ・欠点:直腸吸収..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。