水質汚染の種類

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,596
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境日本社会健康法律地域問題化学汚染廃棄物

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    《水質汚染の種類》
    水質汚染の種類には主に6つのことがあげられる。
    ①一般廃水・し尿による河川の水質汚染
    ②工業排水による地下水・河川・海洋の水質汚染
    ③産業廃棄物や不法投棄による水質汚染
    ④船から流出した油や排水による水質汚染
    ⑤大気汚染物質が雪・雨に含まれることによる汚染
    ⑥農薬による地下水・河川の水質汚染
    《水質汚染の原因》
    一般廃水は生活廃水ともよばれ、水質汚染の原因の約60%をしめている。
    生活廃水は炊事や洗濯など一般的な人間の生活に伴って生じるもので、法律的には水質汚濁防止法第2条第8項によって定義づけられている。その生活廃水のうち環境負担は約70パーセントは生活雑水とよばれる台所、風呂、洗濯による排水で、30パーセントはし尿といったトイレからの排水である。
    油や米のとぎ汁・醤油といったものの負担も大きいのだが、合成洗剤や化粧品に含まれる様々な化学物質の負担も無視することはできない。
    家庭雑排水は、窒素、リン、カリウムなどの栄養源となるものが川に流出し、それによるプランクトンの大量発生がさらに赤潮やアオコ(冨栄養化が進んだ湖沼等において微細藻類が大発生し水面を覆い尽くすほど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。