聖徳大学通信 児童学の保健学的基礎第二課題第一設題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数276
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
     私は人見知りをする方である。 社会的に人見知りをしない方が仕事上良い場合が多々ある。 そこで私は、自分か人見知りであることを自覚しているため、あえて人見知りでないかのように振る舞うことがある。人見知りの起源である赤ん坊の時代はどうであろうか。
     赤ん坊の乳幼児期の前半では、情緒の発達は快・不快
    の単純なものである。 生後1ケ月から6ケ月では、全身で快・不快を表わす。 6~7ケ月頃から 「人見知り」 がはじまる。人見知りをして泣く前に、母親と他の人の顔を見比べることがあるが、はじめから母親と異なった顔つきや達和感のあるものには不安と恐怖を感じる。 6ケ月から1歳頃には、怒り..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。