聖徳大学通信 児童学の保健学的基礎第一課題第一設題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数328
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
     人が誕生して成長していく過程で、一番初めに位置する新生児の時代は全ての始まりである。 親にとっては自分の子どもの誕生でとても嬉しく、可愛らしく思うであろう。赤ん坊は、黒く輝く瞳で親を見つめる。母親も赤ん坊の黒い瞳を見つめ返して「可愛い」という情感が湧いてくる。 赤ん坊の可愛らしさは、ふっくらとした頬、紅く目立った唇、突き出した額、黒く輝くまるい瞳目立って、顔全体で自己を強調しているからであると、ノーベル賞受賞の動物生態学者のコンラッド・ローレンツはいう。
     人間は生得的に「社会的動物」である。 母親は自分の子どもを見て、抱き上げ、顔を見つめるとき、「可愛い」[愛しい]とい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。