聖徳大学通信 算数科教育法第一課題第二設題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数290
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    聖徳大学算数科教育法

    資料紹介

    合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第二設題
     現代の社会で数学無くして生活することは難しい。買い物の際の単純な計算から複雑な電子機器のプログラムまで、様々なところで使われている。計算面ばかりではなく、「数学的な考え方」についてもとても重要である。公式や法則に基づき解を出す。その解に至るまでの方法も何通りかあり、いかにして辿り着くかも大事になってくる。
    例えば、国で定めれられた法律があり、それに違反すると罰を受けるシステムになっているのが世の中である。ここでは「数学的な考え方」について確率を例に、私の体験を述べたい。
     宝くじでロト6というものがあり、1から43までの数字の中から、6個の数字を全て当てると1等というくじ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。