聖徳大学通信 児童学の福祉学的基礎Ⅰ第二課題第一設題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数345
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    聖徳大学児童学の福祉学

    資料紹介

    合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
     現代の児童の意識や行動には、現代社会の変化が反映している。
     昭和43年以降、我が国の経済状態は大きく変化してきた。この時期は、国民所得倍増計画や経済社会発展計画などを中心とし、数多くの経済計画案が策定され施行されている。それらは目本の経済成長に大きく貢献してきた。
     経済成長の変化は、家庭にも変化を与えているのではないだろうか。子どもを取り巻く環境(家庭環境)の変化は、子どもに大きな影響を与えたのではないだろうか。情報化社会の進展・科学技術の進歩・価値観の多様化・高齢化社会の到来などの急激な社会変化は、児童にも多くの影響をおよぼし、共働き家庭の増加や、非行の低年齢化など..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。