聖徳大学通信 児童学の福祉学的基礎Ⅰ第一課題第一設題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数279
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    聖徳大学児童学の福祉学

    資料紹介

    合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
     家庭機能の変化により児童福祉のニーズは多くなって
    きている。現代は、夫婦共働きの家庭が増えてきている。
    夫婦共働きということは、母親が子どもを育てる時間が
    減り、児童福祉に頼ることが増えるということてある。
     子どもの出産は家に代わって病院になり、育児も家族
    に代わって保育所や幼稚園が代行し、しつけやマナー七
    家から幼児教育施設や学校に移った。 現在、家、家族でなければどうしておできないことを見出すのが難しくなり、今やその機能はほとんど家庭外の専門機関が代行している。
     この生活機能・育児機能の細分化は一旦子ども自身に
    問題があらわれた時、その解決の方法が家庭内では無理
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。