聖徳大学通信 教育基礎論(学校教育学)第一課題第一設題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数193
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    聖徳大学教育基礎論

    資料紹介

    合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

            第一課題 第一設題
         テーマⅡの学習課題の1を選ぶ
    教育は人間をつくることであるが、教育の本質や教育の理想という時間・空間を超越した高度の次元での質的・精神的要請を、直接的に学校という形態の教育に導入しようというところに、無限保障的な錯覚がある。
     教師と子どもの出会いとか、人間的ふれあいの瞬間性・永遠性とか、教師の子どもへの影響力といった教育作用の本質的な側面には、催かに時間・空間を超えた何ものかがあり、それが極めて重要なものである。かつてバスカルが言った考える葦”に通じるものがある。 教育の本質が学校という形態の教育に適用されるべきであるが、学校であるがゆえに考慮し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。