聖徳大学通信 数学Ⅰ第一課題第一設題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数126
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    聖徳大学数学

    資料紹介

    合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
    1.(1)  
    (2・5³+1・5²+0+2)-(5²・2+5・2+3)
    =277-63
    =214
    解 214
      (2)
    (1・5³+3・5²+4・5+2)÷(2・5・3)
    =222÷13
    =17余り1
    解 17余り1
    2.
    aを1として,bを2とするとa,bの最大公約数(G.C.M)は1であり,1で割った商a’=1,b’=2となり,a’,b’は互いに素である。
    (b,a)=(a,b),(-a,b)=(a,b)である。(a,b)=1のとき,aとbは互いに素である。
    定理8 g=(a,b)のとき,a,bをgで割った商をそれぞれa’,b’とすれば,a’,b’は互いに素である。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。