聖徳大学通信 家庭科教育法第一課題第一設題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数138
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    聖徳大学家庭科教育法

    資料紹介

    合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
     現在は家庭科の存在がとても重要であり、生きていくために必要不可欠であると感じているが、小学校当時の私は、家庭科は遊びの時間だと勘違いをしていたため、技術を身につけることができなかった。例えば、調理実習ではグループごとに料理を作るので、私は料理をせずに他の人が作るのを眺めていた。しかし、グループごとの評価であるので、調理実習はなされたということになってしまう。やはり、自分が主体となって取り組まなければ、眺めているだけでは身に付かないのである。そのため、少し前まではご飯を炊くことや簡単な料理、洗濯すらやり方がわからずに大変苦労をした。危機感を感じ、本を読んだり、人に聞いたりし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。