聖徳大学通信 数学Ⅱ第二課題第一設題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数90
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    情報数学評価高校統計生徒標準偏差標準

    代表キーワード

    聖徳大学数学

    資料紹介

    合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
     統計学は、ある対象に関してデータを収集し、処理・解析し、推測によって情報を引き出すための学問で、これら3つの枠組みから成り立っている。
     調べるべきデータをもつ対象物体の集合を母集団という。ある高校の1年男子生徒68人の身長一覧を例に述べることとする。どんなデータも収集したときはバラバラで読みにくい。データをその数値により整理・分類し、いくつかのクラス(階級)に分けて、度数分布表にまとめると、全体の特性が分かり、同時に一人一人の身長の全体の中の位置も明確になる。
     資料の特性を示す数値であるが、はじめに代表値である。例えば、電車賃が「平均12%の値上げをお願いします」とな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。