聖徳大学通信 数学Ⅰ第2課題 第1設題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数239
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    「確かな学力」とは,多様な個性の基盤となる基礎的・基本的な知識・技能と思考力や表現力,意欲,学習習慣,技能などを生かして活用できることと定義する。
     確かな学力づくりとは,基礎学力を基盤として,より主体的に学習を進める力を育んでいこうとするものである。したがって,実際の学力づくりは,まず基礎・基本的な知識・技能の確実な定着を図ることが主となる。その中に,繰り返し学習や発展的学習など習熟の程度に応じた学習を加え,さらには,思考力や判断力,問題発見能力や問題追究能力づくりに取り組んでいくことになる。
     算数科が目指す「確かな学力」は,現行の小学校学習指導要領によると,次の3つで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。