児聖徳大学通信 童学の社会学的基礎I 第二課題第一設題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数268
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
     現代日本の親子関係は、社会の変化と密接に関わっている。家族における子どもの養育状況の類型は大きく分けて、3つの類型に分けられる。類型1は、前近代社会の子どもの養育環境である。マルティプル・ペアレンティングが祖父母やオジ・オバ、あるいは地域コミュニティによって実現されている類型である。類型2は、親(母親)と子どもの連携はあるのだが、子どもと親族と地域との連携はない。類型3は、親(母親)と子どもとの連携はあるが、母親と親族、地域とのネットワークはなく、母親は専門書、育児書から学ぶのである。
    類型2および類型3は近代産業社会の養育環境を示している。核家族を取り巻く境界の鮮明化、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。