聖徳大学通信 児童学の教育学的基礎Ⅰ第一課題第五設題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数321
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第五設題
     「しつけ」を重要視する立場と,「しつけ」を無用とする意見があるが,私は「しつけ」を重要視する考え方である。
    私も含め,現代の若い人たちに多いのは,しつけが甘かったせいか,上司や先生に怒られるとすぐに心が折れてしまう。そのため,最近では新入社員がすぐに辞めてしまうので,上司は厳しく叱ることを辞める傾向にある。しかし,通常は怒られ慣れていないと社会に出た時に,大変苦労をすることになる。また,怒られ慣れていないために,すぐにキレるということがおこるのである。これを改善するためには「しつけ」が必要である。悪いことや駄目なことをしたときに,しっかりと叱り,正しいことへと導くと共に,..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。