聖徳大学通信 国語Ⅰ第一課題第一設題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数433
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本英語日本語言語言葉意識種類発音性格

    代表キーワード

    聖徳大学国語

    資料紹介

    合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
     日本語は文字で書き表しやすい言語である。日本人は、日本語を使いながら「梅」という言葉はウとメから出来ていると思っているが。<音声学>というような学問を勉強した人は、そのメはさらにmとeから出来ていると考えるだろうが、普通にはウとメが一番小さい音の単位だと意識している。この、その言葉を使う人が一番小さい単位と意識している音を<拍>という。ウ・メなどは日本語の拍で、大体、仮名一字に相当する。
     <拍>は、特別の事情がないかぎり、同じ長さに発音されようとする。和歌・俳句を作ったり、七五調の詩を作ったりしようとする時に指を折って数えようとするのは、この<拍>である。英語などは<拍..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。