道徳学習指導案

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,332
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「中学校学習指導要領解説―道徳編(平成11年9月)文部省」の学習指導要
    領の内容項目のうち、「4.主として集団や社会との関わりに関することの(1)から(10)の中から主題を1つ選び、中学3年生を対象にした「学習指導案」を作成しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道徳学習指導案
    第3学年〇組
    指導者 ○○ ○○
    Ⅰ 主題名「奉仕の心」 内容項目4-(4)
    資料名「加山さんの願い」(東京書籍・文部省 指導の手引き4)
    Ⅱ 主題設定の理由
    1 ねらいとする価値について
    現在、我々を取り巻く社会は急速に変化している。そして、その中で悲惨な事件などが頻繁に起こっている。また、現代人の道徳性の欠如、特に若い世代の生活の乱れや非行の多さは懸念されるところである。しかし、全国的に様々なボランティア活動が行われ、それは活発さを増している。その主力となっているのは、10代や20代の若者であることも忘れてはならない。
    中学3年生ともなると、こうした社会現象を主体的に捉えられるようになり、ボランティア活動に取り組んでいる人に対して尊敬の念を抱き、「自分も社会の役に立ちたい」「自分の存在価値を確かめたい」と純粋に思えるようになる。しかし、現実的には中学生が自らその機会を見つけ出すのは困難であるということで、本格的にボランティア活動に参加している中学生は少数である。このことから「参加したいがどうしたら良いか分からない」といったジレンマを感じている生徒もいる。
    ボランティ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。