第一回マクロ初級レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数304
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経済企業経済学問題分析政策自動車労働生産雇用

    代表キーワード

    経済学経済

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一回マクロ初級Ⅰレポート
    経済学部1年11組 高橋涼介 ryousuke-pcp@a6.keio.jp
    解答
    1、 C
     経済政策というものは政策策定者の主観によって設定されるので、同じ経済理論であっても経済政策が同じであるとはいい難いのでC。
    2、 a ② b ③ c ②
     a、ミクロ経済学は各家庭や各企業の経済主体の行動を分析し、市場や経済がどのようになっているか明らかにする学問である。マクロ経済学は経済全体を分析し所得や雇用量など主要な集計量の間の関係を取り扱うのがマクロ経済学である。規範的経済学は望ましい経済を構築するために何がなされるべきかを分析する学問である。3つから考えると②が正だとわかる。
     b、経済史は歴史であるために主観的価値判断が入り込むことができず、また経済理論とは現実の世界から抽出されたさまざまな経済現象の中から本質的であるものを選択して作り上げたもので理念上の構成体である。
    二つともそのままの姿で観察しなければならないので価値判断をいれることはできない。一方で経済政策は上の二つを使い、応用させることに意義があるのでむしろ政策策定者の価値判断がなければならな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。