differential_amplifier_1

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数86
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Operational Ampli er -2-
    differential amplifier
    21 6 7
    1 -1-
    1.1 問題
    次の回路の入出力の関係を求めよ。
     
    図 1: 差動増幅器 1
    1.2 解法
    こ の 回 路 の 入 出 力 関 係 を 求 め る に 当 た り、電 流 を
    I12(I26);I34(I45) のように定義する。suffix が各経路と向き
    を表している。
    まず、V+ 側の関係を考える。
    V+ = R4I45 (1)
    Vin + = (R3 + R4)I45 (2)
    式 (1),(2)より
    V+ =
    R4
    R3 + R4
    Vin + (3)
    次に、V 側の関係を考える。
    Vin V = R1I12 (4)
    V Vout = R2I12 (5)
    式 (4),(5)より
    Vout = V R2I12 (6)
    = V
    R2
    R1
    (Vin V ) (7)
    バーチャル・ショートより (V = V+ )
    Vout = V+
    R2
    R1
    (Vin V+ ) (8)
    =
    (
    1 +
    R2
    R1
    )
    V+
    R2
    R1
    Vin (9)
    式 (3)を式 (9)に代入す

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    Operational Ampli er -2-
    differential amplifier
    21 6 7
    1 -1-
    1.1 問題
    次の回路の入出力の関係を求めよ。
     
    図 1: 差動増幅器 1
    1.2 解法
    こ の 回 路 の 入 出 力 関 係 を 求 め る に 当 た り、電 流 を
    I12(I26);I34(I45) のように定義する。suffix が各経路と向き
    を表している。
    まず、V+ 側の関係を考える。
    V+ = R4I45 (1)
    Vin + = (R3 + R4)I45 (2)
    式 (1),(2)より
    V+ =
    R4
    R3 + R4
    Vin + (3)
    次に、V 側の関係を考える。
    Vin V = R1I12 (4)
    V Vout = R2I12 (5)
    式 (4),(5)より
    Vout = V R2I12 (6)
    = V
    R2
    R1
    (Vin V ) (7)
    バーチャル・ショートより (V = V+ )
    Vout = V+
    R2
    R1
    (Vin V+ ) (8)
    =
    (
    1 +
    R2
    R1
    )
    V+
    R2
    R1
    Vin (9)
    式 (3)を式 (9)に代入す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。