comparator_circuit_1

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数208
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    (comparator circuit)
    21 2 10
    1 1
    1.1 問題 1
    次に示す入出力間の関係をもったコンパレータ回路を作成せよ。
    Fig.1入出力動作
    1.2 解法 1
    Fig.1の入出力間の関係を考えると、立上がりと立下りの入力電
    圧が違うことが伺える。そこで、ヒステリシスコンパレータ-を
    考えることで、上記動作を行える回路を作成する。
    まず、以下のような回路(Fig.2)を仮定し考えてみる。
    問題の入出力動作では、出力電圧が-10Vから 10V の変動である
    Fig.2コンパレータ回路(立上がりと立下りを区別)
    のでオペアンプの電源については± 10V のものを考えた(オペア
    ンプの損失は考慮しない)。次に、ヒステリシスコンパレータを
    考えるので、マイナスの入力側に、動作の敷居値となる Vref をと
    り、プラス入力側には、入出力間の抵抗分割で与えるものを考え
    た(ヒステリシスコンパレータの一般形)。立上がりと立下りで場
    合分けをした理由は、入出力間動作を見てもわかるように、立上
    がりと立下りで敷居値が異なる。したがって、抵抗の比もしくは、
    Vref 1;2 を考慮..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。