BPF_1

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数164
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    BPF(Band Pass Filter)
    21 1 26
    1 問題
    次の回路の伝達関数を求めよ。
    2 解法
    まず、Fig.1の回路方程式を立てるため、各経路における電流を
    変数 I12 I23 I25 I24 I54(suffixが各経路をあらわしている)とする
    とキルヒホッフの第一法則、第二法則を用いて
    I12 = I23 + I24 + I54 (I25 = I54 :virtual short) (1)
    Vin R1I12 R2I23 = 0 (pass : 123) (2)
    Vin R1I12
    I24
    j!C
    = Vout (pass : 1246) (3)
    Vin R1I12
    I25
    j!C
    R5I54 = Vout (pass : 1254) (4)
    また、オペアンプの入力電圧を V V+ とし、理想的なオペアン
    プとすれば V = V+ と表すことができる。従って、5 の地点での
    電圧は 0 であるため、
    Vout = R5I54 (5)
    と表すことができる。
    式(1)~式(4)までを考えると、未知数が4、変数(電流値)が4の
    ためI54を求めることができる。そして、

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    BPF(Band Pass Filter)
    21 1 26
    1 問題
    次の回路の伝達関数を求めよ。
    2 解法
    まず、Fig.1の回路方程式を立てるため、各経路における電流を
    変数 I12 I23 I25 I24 I54(suffixが各経路をあらわしている)とする
    とキルヒホッフの第一法則、第二法則を用いて
    I12 = I23 + I24 + I54 (I25 = I54 :virtual short) (1)
    Vin R1I12 R2I23 = 0 (pass : 123) (2)
    Vin R1I12
    I24
    j!C
    = Vout (pass : 1246) (3)
    Vin R1I12
    I25
    j!C
    R5I54 = Vout (pass : 1254) (4)
    また、オペアンプの入力電圧を V V+ とし、理想的なオペアン
    プとすれば V = V+ と表すことができる。従って、5 の地点での
    電圧は 0 であるため、
    Vout = R5I54 (5)
    と表すことができる。
    式(1)~式(4)までを考えると、未知数が4、変数(電流値)が4の
    ためI54を求めることができる。そして、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。