卒業論文 論文の概要・参考文献

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数233
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【論文の概要】
    現行著作権法によると、著作物とは、「思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術、または音楽の範囲に属するもの」(著作権法第2条1号1項)と定義されている。つまり、著作物であるというためには、単に「思想または感情」が表現されたものであるだけでは足りないのである。しかし、著作権法はこの「創作的」の定義をしていない。著作物が多様化している現代では、創作性を一律に定義することは、もはや困難になっているともいえる。このため、著作権の要件としての「創作性」をどのように捉えるかが問題となるのである。
    我々が新たに著作物を創作する場合には、何らかの形で既存の著作物を利用する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。