政治学第3課題 国民投票制を採用している国について説明しなさい 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数497
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法日本文化国民投票法律政治改正日本国憲法

    代表キーワード

    政治学

    資料紹介

    政治学第3課題
    国民投票制を採用している国(たとえばスイス)を挙げ、実際にどのような場合にその制度が実施されているかについて説明しなさい。
    現代の民主主義国家においては、間接民主制が原則とされているが、議会と一般国民との間に意見の乖離が見られること等を理由として、国民投票を補完的に採用する国が存在する。国民投票の対象としては、憲法改正などの他に国政上重要な課題について投票を行う国、また、一定の署名を集めると国民投票を行うことができるようになっている国などもある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    政治学第3課題
    国民投票制を採用している国(たとえばスイス)を挙げ、実際にどのような場合にその制度が実施されているかについて説明しなさい。
    現代の民主主義国家においては、間接民主制が原則とされているが、議会と一般国民との間に意見の乖離が見られること等を理由として、国民投票を補完的に採用する国が存在する。国民投票の対象としては、憲法改正などの他に国政上重要な課題について投票を行う国、また、一定の署名を集めると国民投票を行うことができるようになっている国などもある。
    アメリカには国民投票制度そのものが存在しない。スイス、フランスやイタリアなどでは一般の国政上の課題も国民投票の対象となっている。スイスを例に、実際にどのような場合に国民投票が行われているかを説明する。
    スイスは、1815年のウィーン会議にて永世中立国として承認されて以来、平和的かつ安定した民主主義国家として発展してきた。 特に、州・地方自治体レベルにおいてはもちろん、連邦レベルにおいても、レファレンダム(国民投票制度)及びイニシアティブ(国民発案制度)の両制度を取り入れて運用し、世界でも直接民主制を最も高いレベルで実現している..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。