法学第4課題 法の解釈について、具体的事例を挙げながら論じなさい 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,126
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法民法刑法解釈社会問題判例理解方法登記法学

    代表キーワード

    法学

    資料紹介

    法の解釈とは実定法の規範的意味内容を解明する作業のことである。わが国などの成文法主義のもとでは、実定法は制定法を中心に体系的論理的に整序されており、制定法の序文の文字・文章や相互の体系的連関などを手掛かりに、実定法の意味内容を個別具体的事例ないし、一定累計の事例に適正な解決に必要かつ十分な程度に、原則として要件=効果図式で具体的に確定することが、法解釈のもっとも重要な作業であり、法解釈をめぐる諸々の問題は、制定法の解釈を中心に論議されている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の解釈とは実定法の規範的意味内容を解明する作業のことである。わが国などの成文法主義のもとでは、実定法は制定法を中心に体系的論理的に整序されており、制定法の序文の文字・文章や相互の体系的連関などを手掛かりに、実定法の意味内容を個別具体的事例ないし、一定累計の事例に適正な解決に必要かつ十分な程度に、原則として要件=効果図式で具体的に確定することが、法解釈のもっとも重要な作業であり、法解釈をめぐる諸々の問題は、制定法の解釈を中心に論議されている。
     
     法の解釈においては、制定法の条文を手掛かりに、実定法の規範意味内容を具体的に確定したり継続形成するために、独特の教義学的技法が用いられてきている。一般に法の学理解釈には、文理解釈と論理解釈がある。そして、論理解釈には、①拡張解釈②縮小解釈③補正解釈④反対解釈⑤類推解釈⑥勿論解釈など種々の解釈方法がある。
     
      学理解釈とは学問的に理論によって法令の意味を明確にする解釈をいう。学理解釈は強制力や拘束力は持たないが、司法解釈や行政解釈さらには立法解釈の化に採用される場合もあるため、極めて重要な役割を果たしている。文理解釈とは法文の文義に重点を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。