【佛教大学通信教育部】理科概論(第二設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数240
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「生物界に必要な莫大な水は地球の表面から蒸発して大気中に送りこまれ、再び地球上にもどる。常に自然界を循環する水を説明せよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生物界に必要な莫大な水は地球の表面から蒸発して大気中に送りこまれ、再び地球上にもどる。常に自然界を循環する水を説明せよ。」
    水は海洋などの水圏から蒸発して気圏に行き、水蒸気が凝結して水滴などになり地表に落下する。そして、地表の陸地(岩圏)に落下した水は、地表を流れて最終的に再び水圏に達し、最初に戻って循環を繰り返す。従って地表の気圏・岩圏・水圏は、その間を循環する水によって密接に結びついているのである。
    水が水圏から蒸発して気圏に行き、水蒸気が凝結して水滴などになり地表に落下するという過程は、簡単に言うと、「雲」ができ「雨」になって降るという過程のことである。「雲」と「雨」について少し詳しく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。