【佛教大学通信教育部】算数科教育法(第一設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数342
ダウンロード数1
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    「算数科教育の歴史(黒表紙教科書、緑表紙教科書、水色表紙教科書、単元学習、現代化、ゆとり)について述べ、それらの教育内容を自分の視点で考察せよ。上記を踏まえ、2002年度完全実施の学習指導要領(算数科)の特徴について述べ、その教育内容を自分の視点で考察せよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「算数科教育の歴史(黒表紙教科書、緑表紙教科書、水色表紙教科書、単元学習、現代化、ゆとり)について述べ、それらの教育内容を自分の視点で考察せよ。上記を踏まえ、2002年度完全実施の学習指導要領(算数科)の特徴について述べ、その教育内容を自分の視点で考察せよ。」
    現在、この日本において、数学、算数嫌いの子どもたちが増えている。ではなぜ日本では数学嫌いの人が増えてしまったのだろう。このことを日本における算数教育の歴史から考えていきたい。
    江戸時代、学校は「武士のための学校」と「庶民のための学校」があり、前者は官学、藩校、後者は私塾、寺小屋のことである。その中で藩校では数学の教育を殆ど行っていなかったが、寺小屋では庶民が算盤を用いた珠算など実学的な算数を学んだ。算数は庶民の学問であったのだ。そして開国後、算数教育は欧米の知識や教科書を取り入れ、比較的自由に行われていた。
     1905年、藤澤利喜太郎らによって第一期国定教科書(黒表紙教科書)が編纂された。1年生の内容としては、数計算を中心として数は20までしか扱わず、後半部分では乗算も扱われており5年生で扱われる平行四辺形、台形の面積を求める場..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。